「本当にいないんだな…」イチローが同僚の死に悲しむ中、事故後の初試合で奇跡が起きる。

2016.09.28 topics

th_2

 

先頭打者となったゴードン選手。
彼がバットを振ると、ボールはまっすぐにスタンドへ。
初回先頭打者ホームランを達成したのです。
 
今季第一号のホームランとなったゴードン選手。
まるでフェルナンデス投手がなにか伝えに来たかのような打球に、ゴードン選手は劇的なアーチを放ち、静かにダイヤモンドを一周してチームメートと抱き合い、将来を嘱望されたフェルナンデス投手の死を悼みました。
 

 
そして、今試合を外れていたイチロー選手は7回に代打として出場。
結果、試合はマーリンズが勝利を収めました。
 
試合終了後、再び全員でマウンドに集まり、黙とうをささげ、帽子を置いて別れを告げた。
 
th_2
 

イチロー選手は
 

「今日1日が終わったら、やっぱりいないんだな、という感じですね。本当なんだって…」

 
とチームメイトを亡くしたことに実感がわかなかったことを語りました。

 
その一方で、
 

「今日は特別な日でしたが、きっと普通にいつも通りやることが、彼が望むことだろうと僕はそう信じていたので…。僕ができることは今日も同じようにやったという1日でした」

 
と、しみじみ話しました。
 
24歳という若さでこの世を去ったフェルナンデス選手。
彼はMLBの歴史に残る選手とも言われているほどの実力の持ち主。
 
そんな彼の背負った「16番」は永久欠番になることになったそうです。
 
チームメイト、ファンに愛されたフェルナンデス選手。
ご冥福をお祈りいたします。

 


Writing by S.Shingo of cadot


出典:NYM@MIA: Gordon leads the game off with a solo homer


Cadot(カド)は、「旬」な話題を
あなたにお届けします。

 
【あなたの「旬」な話を募集しています】
Cadot-カド-では、読者様の実際に体験した話や知っている裏話などを募集しています。
Cadot-カド-で取り上げて欲しい話がありましたら、こちらまでメールをお願いいたします。
 
※採用された場合、公開前に記事内容の確認のメールを差し上げます。
また、全ての話を採用する訳では御座いません。予めご了承くださいませ。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る