「もう夫には裸を見せたくない」妻が友人と電話で話していた。その理由を問いただすと「だってね…」とその”抱える秘密”を打ち明けた

2015.07.04 topics

123

 

 
そうじゃないのよ。
 
少し前までは二人でお風呂に入ってたでしょ?
その時はまだ、私の体を見て何も違和感なかったと思うの。
 
でもね、今はそうじゃないのよ…
 
私、元々アトピー性皮膚炎なの。
でね、それが少し前から異常な程ヒドくなっちゃってさ。
肌がスゴい汚くなっちゃったの。
 
だからね、同じアトピーの友達に相談してたんだ。
友達は気にしないでいいじゃない!って言ってくれたけど、あなたにはこんな体見せたくなかったから。

 

 

私は、まさかの妻の告白と自分の恥ずかし過ぎる勘違いに申し訳なくなりました。
 
妻と同じアトピー性皮膚炎に悩んでいる方は分かって頂けるのかもしれませんが、妻もまた自分の肌に対して強くコンプレックスを抱いていたようです。
 
その後妻と話合い、自分には全てを見せて欲しい。
受け止めたいし、一緒に向き合って行こうと話しました。
 
何を優先すべきかは、自分の欲や計画ではない。
隣にいるパートナーに目を向け、何よりも大事にするという事が大事だという事ですね。

 
 
【※世の中には、妻と同じくアトピー性皮膚炎や肌の病気に悩む方は多いと聞きます。
中には、それが原因でいじめや差別に発展するケースもあるそうです。】

 


Writing by Taishi Kawakita


画像引用元:http://blog.livedoor.jp/satori0925/archives/27947422.html


Cadot(カド)は、「旬」な話題を
あなたにお届けします。

 
【あなたの「旬」な話を募集しています】
Cadot-カド-では、読者様の実際に体験した話や知っている裏話などを募集しています。
Cadot-カド-で取り上げて欲しい話がありましたら、こちらまでメールをお願いいたします。
 
※採用された場合、公開前に記事内容の確認のメールを差し上げます。
また、全ての話を採用する訳では御座いません。予めご了承くださいませ。

 
【本記事の無断転載について】
本記事は、読者からの寄稿または取材を元に弊社専属ライター及び弊社契約ライターが作成した記事になり、記事の著作権は弊社のみに帰属します。
キュレーションサイト、バイラルメディア、まとめサイト、ニュースサイト、ブログなどへの本記事コンテンツの無断での部分引用・全文引用・流用・複写・転載について固く禁じます。
無断掲載が確認された場合、法人・個人問わず弊社が別途定める掲載費用をお支払いいただくことに同意されたものとします。
※著作権法に定められる一般的な「引用の目的上正当な範囲」(参考リンク先『審友会』引用説明1~4における全ての条件を満たす範囲)での一部引用については、この限りではありません。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る